2010年06月15日

ディオバンが高齢者で降圧目標を安全に達成―ノバルティス(医療介護CBニュース)

 ノバルティスファーマは6月8日、日本人高齢者を対象とした同社の高血圧症治療薬ディオバンを使った大規模臨床試験VALISH Studyの結果が同日、米国心臓病協会のHypertension誌のオンライン版に掲載されたと発表した。同社は、「ディオバンを基本薬とした治療で収縮期血圧140mmHg未満を安全に達成し、高齢者に対しても降圧効果と高い忍容性が証明された」としている。

 全国の461施設が参加した同試験は、収縮期高血圧症の高齢者(70-84歳、平均76.1歳)3260人を対象に実施。「厳格降圧群」と「緩徐降圧群」に無作為に割り付け、それぞれ「140mmHg未満」と「140mmHg 以上150mmHg 未満」を降圧目標値として、ディオバンで治療した場合の心血管イベントの発症率を比較した。

 それによると、両群共に血圧が良好にコントロールされ、厳格降圧群の収縮期血圧は平均で33mmHg低下した。心血管イベントの発症率は、両群共に約3%と低く、副作用で投与中止になった患者についても、厳格降圧群で1.9%、緩徐降圧群で1.2%と有意差はなかったという。

 70歳以上の高齢者の降圧目標値をめぐっては、日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインが、150mmHgを中間目標値とした上で最終目標値を140mmHg未満と提唱しているが、これまでそれを裏付けるエビデンスが十分でなかったという。  

 ディオバンは、血圧の上昇に関与するアンジオテンシン2のタイプ1受容体(AT1)を選択的にブロックする薬剤(ARB)で、高血圧症の第1選択薬として世界約100か国で承認されている。日本では2000年に販売を開始し、昨年の売上高は1400億円(薬価ベース)だった。


【関連記事】
ARBとCa拮抗薬の配合剤選びは「薬価の差がファクター」
高血圧症治療薬市場、18年に1兆円超え
自社品配合の高血圧症治療薬レザルタスを新発売―第一三共
昨年度の医療用薬市場は6.3%増の8兆8968億円
先端巨大症患者の7割超「病気を知らなかった」

<阿久根市>降格人事問題で竹原市長を告発 自治労弁護団(毎日新聞)
小林議員の資金管理統括に有罪判決…北教組事件(読売新聞)
<日本振興銀>木村氏、違法性認識か 債権買い取り承認(毎日新聞)
口蹄疫 宮崎県都城市で牛3頭が「疑い」 同市では初(毎日新聞)
菅首相 「ぶら下がり取材」 1日1回に削減を提案(毎日新聞)
posted by イマダ カオル at 16:04| Comment(24) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

参院選民主予定者「逆風は覚悟している」(読売新聞)

 夏の参院選に向けて走り出している民主党の立候補予定者や改選を迎える参院議員たちは、2人のトップが辞任を表明しても、依然として有権者から厳しい声を受けている。

 2日夜、参院選千葉選挙区から新たに出馬する予定の元総務省職員・小西洋之氏(38)は、千葉市のJR新検見川駅前で街頭演説に立った。

 「首相は辞任したが、政権を与えられた責任を果たしていく」。小西氏は力を込めてそう訴えたが、通行人からは「民主党はもう信じられない」といった罵声(ばせい)が飛ぶ場面もあった。

 小西氏の公認が内定したのは今年2月。それ以降、街頭演説などで、鳩山首相と小沢幹事長の政治とカネを巡る問題で「2人とも責任を取って潔く辞めろ」という批判を何度も受け、先月末からは、米軍普天間飛行場の移設問題を巡る鳩山首相の発言について「ウソつき」とののしられることもあった。「有権者の厳しい反応は変わっていない。逆風は覚悟している」。小西氏は険しい表情で語った。

 今回、選挙区から比例に回ることになった広中和歌子参院議員(76)も先週末、街頭演説に立った際、「総選挙では民主党に入れたけど今回はもう入れない」という批判を受けた。

 鳩山首相と2ショットのポスター2000枚が刷り上がったばかり。「これで支持率低下は底を打つと思うが、一度失った信頼を取り戻すには時間が足りない」。広中氏は焦りものぞかせた。

【新・関西笑談】有馬温泉を売る5つの“秘策”(5)(産経新聞)
<気象庁>震度速報が未配信 (毎日新聞)
コンパ後死亡の神奈川歯科大生 上半身に落書き、顧問も同席(産経新聞)
洋菓子モチーフ 女心つかむ、ベルーナ「マカロン座椅子」(産経新聞)
「首相は辞めない」と政府高官が明言(産経新聞)
posted by イマダ カオル at 13:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

<鞆の浦花火大会>ポニョも見た2000発 広島・福山(毎日新聞)

 広島県福山市の景勝地・鞆(とも)の浦で29日夜、恒例の花火大会(地元観光協会など主催)があり、約6万4000人の観光客らが夜空に映し出される色鮮やかな絵巻に酔いしれた。

 鞆の浦は万葉の時代から良港として栄え、近年は映画「崖の上のポニョ」の舞台ともされ、人気を集める。一方、町並みの生活環境改善を目指す港湾埋め立て架橋計画をめぐり、景観保全の面から住民の意見は長年対立。今月15日に賛否双方の住民が初めて意見交換し、合意形成の第一歩と期待が集まる。

 午後7時から始まった花火大会では、沖合約200メートルの弁天島から約2000発の花火が打ち上げられ、赤や青、黄などの光に鞆の街が染まった。家族連れで訪れた大学教授(45)は「海面に映る花火もキラキラ輝いて見事。思ったほどの道路渋滞もなく、快適だった」と笑顔で話した。【高山梓】

【関連ニュース】
鞆の浦:架橋計画推進、反対派初の公式協議 広島県が主催
鞆港埋め立て・架橋問題:賛否両派が住民協議 町への思いは共有 /広島
鞆港埋め立て・架橋問題:ポニョの里、ガイド迷走 「計画、意見押しつけ」観光客苦情
鞆港埋め立て・架橋問題:知事「合意点を」 15日に協議会初開催 /広島
鞆の浦古地図:南区の古書店、復刻版を発売 /広島

福島担当相罷免 連立離脱へ 「辺野古」明記に反発(産経新聞)
<一家3人殺害>起訴の男 長野の男性死体遺棄も関与(毎日新聞)
民主参院議員が悲鳴「世論の逆風をしのげない」(産経新聞)
<放送法改正案>修正案可決 与党、衆院委で採決強行 与野党の対決色強まる(毎日新聞)
首相動静(5月28日)(時事通信)
posted by イマダ カオル at 03:30| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。