2010年02月16日

「刷新相4人ぐらい必要」=枝野氏(時事通信)

 枝野幸男行政刷新担当相は12日午後、内閣府で前任の仙谷由人国家戦略担当相から引き継ぎを受けた。仙谷氏が「規制改革にしても、公益法人、独立行政法人にしても課題山積だ。財政がガタガタになっているから、大変だ」と指摘したのに対し、枝野氏は「行政刷新だけでも4人ぐらい大臣が必要だ」と、重責を実感した様子で応じた。 

鳩山首相、石川議員離党は「熟慮重ねた重い結論だ」(産経新聞)
<無人島>1億円で落札 広島県「三ツ子島」国有財産売却で(毎日新聞)
小児がんのQOLを考えるシンポジウム 21日に大阪で(産経新聞)
夫の連れ子を虐待死?傷害容疑で26歳母親逮捕(読売新聞)
<宝くじ>グリーンジャンボ、全国一斉に発売(毎日新聞)
posted by イマダ カオル at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火の回りの早さを確認 老人施設火災で群馬県警(産経新聞)

 火災で入所者9人を死亡させたとして、業務上過失致死容疑で群馬県渋川市の老人施設「静養ホームたまゆら」を運営するNPO法人(特定非営利活動法人)「彩経会」理事長、高桑五郎容疑者(85)ら2人が逮捕された事件で、同施設の火の回りが基準を満たす正常な施設よりも大幅に早かったことが11日、捜査関係者への取材で分かった。群馬県警の燃焼実験で確認された。県警では、耐火材を使用しない違法な増改築が被害の拡大を招いたとみて詳しく調べている。

 捜査関係者によると、同施設では平成17年8月以降、4回にわたり無届けで増改築を繰り返していた。建築基準法では福祉施設などについて、主要な壁などに耐火材を使用することを義務づけているが、複数の関係者が県警の調べに対し、増改築の際には「『日曜大工』でベニヤ材などを使っていた」と証言。

 県警で昨年11月と12月に計3回、火元付近の建物を再現して燃焼実験を実施し、壁の温度の上昇具合や火の広がり方を確認。通常の施設よりも明らかに早く火が燃え移ることが確認された。

 渋川署捜査本部は11日、高桑容疑者の住居や事務所など、関係7カ所の家宅捜索を実施し、パソコンなど計約30点を押収した。

【関連記事】
「たまゆら」火災で施設関係者が危険認識、「ひとたまりもない」 群馬 
群馬「たまゆら」10人死亡火災、理事長逮捕 業過致死容疑
狭すぎる…無届け老人ホームの4割で改善指導 厚労省
老人ホームで火災、男性死亡 兵庫・伊丹
たまゆら火災で、群馬県警が燃焼実験

今年度の医療機関の倒産件数、過去最悪を更新(医療介護CBニュース)
首相動静(2月13日)(時事通信)
消費増税論議、3月に開始=次期衆院選で争点に−菅財務相(時事通信)
雪でスリップの車はみ出し正面衝突、2人死亡(読売新聞)
小沢氏が鳩山首相と会談(産経新聞)
posted by イマダ カオル at 05:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。